自動車の場合では、一定の期間以上所有をしていると、自然に劣化を起こしてしまうことがあります。国内では自動車を大切にしている方が多い傾向にあり、中には常に綺麗な状態を保つように洗車を小まめに行っている方も数多く存在しています。しかし、経年劣化等によって、サビが発生してしまい、ボディーに穴が開いてしまうことも決して珍しいことではなく、このような状態に陥ってしまった場合では、できるだけ早期に自動車を修理することが良い方法です。修理の際には使えるテクニックなどが存在していて、使う道具類に関しても現在では優れたものが販売されているので、コツを掴んだ場合では比較的簡単に修理を済ませることができます。一定のテクニックを把握してから作業を行うこともおすすめになり、合せて道具類を充実させる方法で、綺麗な仕上がりを実現させられるので、直ぐにでも実践してみることも良い方法です。

サビで腐食したボディの下地調整方法

自動車は、特にリヤのフェンダー部分などにサビが発生してしまうことが多い傾向にあります。この部分に関しては水などが入り込んでしまい、水が上手に抜けることが無い状態が続いてしまうことが多く、このことを原因としてサビが発生することが多い場所です。修理を行うには、下地調整をしっかりと行う必要があり、まずは、サビの部分を全て除去することが優先されます。マイナスドライバーなどを利用してサビを除去する方法、ボディの表面にサビが出ている場合では、ヤスリがけを十分に行うことが必要です。少しでもサビが付着している場合では、後に広がってしまう可能性があるので、しっかりと下地調整を行い、全てのサビの部分を無くすことが大切です。ヤスリがけに関しては、荒目の耐水ペーパーなどを利用すると、比較的簡単に落とすことができるので、便利に作業を進めることができます。

サビの除去後に行う修理方法について

サビを綺麗に落とすことができた場合では、厚付用として販売されているパテを用いることがテクニックとしては基本的なことです。粘度上のタイプを利用する方法になり、穴が開いてしまった部分やボディーの表面を削り取った部分にパテを盛ることが必要です。パテが硬化することを待ってから、次の作業に入ることも基本で、硬化した場合では再び耐水ペーパーを用いてヤスリがけを行うことが必要です。ヤスリがけを行い、表面を綺麗にすることができた場合では、その部分に対してペイント作業を行うことになります。ペイント作業に関しては、下地塗装を経て、ボディカラー合っているカラースプレーを塗る方法で、綺麗に仕上げることができ、周囲と色の違いが起きてしまっている場合では、ぼかし剤が販売されているので、スプレーを行う方法で自動車の修理を済ませることができます。