自動車を持っている方であれば、時にはぶつけてしまうアクシデントに遭遇してしまうこともあります。国内では自動車を大切に取り扱う習慣があり、傷などが付いてしまった場合では、新車時のように修理することを希望している方も多くいます。自動車の修理に関しては、自分で出来る範囲というものがあり、ぶつけてしまい傷が付いてしまった状態でも例外ではありません。傷の深さや範囲によって修理方法が変わってくるものですが、用いる道具類などを充実させる方法で、多くの傷に対応することができるので、その中から簡単に施工できる方法を把握することが良い方法です。カー用品店やホームセンターなどでも修理に必要とされている道具類が充実しているので、気になる方は施工方法を学んだ上で実践してみることもおすすめの方法です。

浅い傷で範囲の狭い場合の修理方法に関して

自動車に付いてしまった傷の中には、比較的浅く範囲の狭い傷になっている場合もあります。このような状態であれば自分でも修理を行うことができ、使う道具に関しては主にタッチペンと呼ばれているものを使う方法が有名です。タッチペンはカー用品店の他、ホームセンターでも広く販売されているものがあり、車種別によって販売されているので、所有している自動車に適合しているカラーのものを選択することが必要です。購入後については、傷の部分の汚れを全て除去した上で、マスキングテープを使って傷の部分だけを表面に出すように施して、タッチペンで傷に対して塗る方法が一般的です。完全に硬化した状態を確認した上で、最終仕上げにコンパウンドで磨く方法があり、段差などが生じてしまっている場合でも、研磨剤の効果で綺麗に仕上げることができます。

深い傷に対して行える自動車の修理方法

自動車に付いてしまった傷が、比較的深いと判断することができた場合では、タッチペンなどで簡単に修理をすることが困難なケースがあります。この場合では、パテを用いる方法で綺麗に直すことができるので、傷の状態に適合しているパテを準備することが必要です。自動車用のパテに関しては厚付け用として販売されているものや、薄付け用として販売されている物に分けることができます。どちらも使い方は一緒ですが、下地を耐水ペーパーなどで十分に磨き上げた上で、パテを盛ることが必要とされています。乾燥後に関しては、表面が平らになるように何度も耐水ペーパーで磨き上げる作業が必要になり、車体に対して自然な下地の形状を作ってから、カラーリングを施す方法で見事に修理を済ませることができます。パテの場合では硬化する際に肉痩せを起こしてしまうタイプもあるので、事前に取り扱い説明書を十分に読むことも大切なことです。