初心者が車を修理する時に必要な工具

「車を修理する」と言ってその程度は様々です。車体からエンジンを外し、バラバラに分解して行う修理もあれば、車体表面にある傷を消すと言った修理もあります。修理の内容によって行う作業は違ってきますから、当然その内容に合わせた工具を準備することになります。初心者が車を修理するような状況は、往々にして「ごく簡単な表面的なもの」であるため、その時々で必要な工具を準備していくというプロセスで充実させていくと良いでしょう。当然ながら共通して必要になるものもあれば、その作業でしか使わないような特殊なものもたくさん存在しています。かといって、最初から特殊なものを準備する必要はそれほど高くない為、必要になってから準備するだけでも大概は間に合ってしまうものです。

基本的な整備・修理に必要な工具とは

車の日常的なメンテナンスや簡単な修理で必要になる工具はある程度決まっています。例えば、緊急事態に対処するためには「車載工具」で対応できるものが多くあります。タイヤ交換は車載工具で十分に対応することが出来ますが、「タイヤとホイールの装着」などは専用の工具が無ければ非常に手間がかかってしまいます。とは言え、基本的に必要になる工具類の中には家庭でも準備してあるものもあります。例えば「ドライバー」は家庭でも使う機会があるものなので、いくつかの種類が入ったセットを持っていることも多いでしょう。ただ、自動車修理で使うものに関しては「使いやすさを重視」した方が何かとメリットがあるので、出来れば専用のものを準備するようにしましょう。ドライバー、モンキー・メガネレンチ、スパナ、六角レンチ、ラチェット・ソケット類があれば基本的な作業は出来ます。

電装系の修理には専用のペンチが効率的

上記で紹介した工具類を準備しておけば、簡単な修理であれば十分に対応できるものの、「電装系のメンテナンス」に関しては専用工具を準備しておいた方が賢明です。基本的に電装系に関しては専門的な知識がない限りは専門店に依頼した方が安心できますが、だからと言って「ヘッドライトの電球を交換する、ルームランプを交換する、ウインカーランプを交換する」という程度でショップに依頼するのはコストが割高になってしまいます。また、少しの電気回路に関する知識さえあれば出来る修理も少なくない為、簡単なものであれば十分に素人でも対応することが可能です。その際に必要になる工具としては「電工ペンチ」や「テスター」が挙げられます。テスターは適切な通電を確認するために必要になり、電工ペンチはカシメなどを適切に処理するために非常に役立ちます。